創作活動


ねらい

1.豊かな創造性を培うとともに、手作りの喜びを味わうことができます。
2.みんなで協力しあうことによって、自主性・社会性を養うことができます。
3.道具の安全な使用法を習得することができます。


スケッチ

めやすの時間

1〜2時間

めやすの人数

制限なし

内容

四季折々の自然を題材にスケッチします。
好きな風景をスケッチしてください。

持参物

□画材道具一式(画板は貸出可能です。)

注意

・自然を大切にしながらスケッチしましょう。
・画板は貸出可能です。事前に必要な数をお知らせください。
・スケッチ用の画材は持参してください。


竹細工・竹とんぼ作り

めやすの時間

2時間程度

めやすの人数

制限なし

内容

竹を切りだしてはしやコップなど自由に作品を作るか、
竹とんぼのキットを活用することもできます。
創造力を働かせて好きなものを作ってみましょう。

持参物

□サンドペーパー □ポスターカラーなど色を付けるもの(必要に応じて)
□ボンド(必要に応じて) □軍手(竹を切り出す際)

注意

・刃物やノコギリなどは貸出できます。
・竹も植物なので、必要な分だけ切るようにしてください。
・刃物を扱うので、怪我には十分注意してください。
・切ってできたクズなどは、掃除をして散らかさないようにしましょう。


プラホビー

めやすの時間

1〜2時間程度

めやすの人数

80人程度

内容

プラ板に絵を描いて、オーブントースターで焼きます。
焼いて固めてキーホルダーにします。
絵は自由に描いてください。

持参物

□新聞紙 □油性ペン □アルミホイル

注意

・必要な道具類は貸出できます。
・プラ板は売店で購入してください。

プラホビーの詳しい資料は資料室にあります。


焼き杉

めやすの時間

2〜3時間程度

めやすの人数

制限なし

内容

焼いた表札型の板をブラシや布で磨き、光沢を出します。
ペイントをしたり、自由に作ってください。
焼くところからの活動もでき、表札型の板を焼いてつくるタイプと、 丸太をノコギリでスライスし、それを焼いてつくるコースタータイプがあります。

持参物

□新聞紙 □軍手 □布や雑巾(焼き杉のススを落とすのに利用)
□カセットボンベ(焼くところからの活動で、まきを使用しない場合。バーナーヘッドは自然の家より貸出します。)

注意

・必要な工具は貸出できます。
・焼き板は売店で購入してください。
・焼く場合は、まき以外でもバーナーでもできます。事前にご相談ください。

焼き杉(表札・コースター)の詳しい資料は資料室にあります。

夜須高原のそよ風にも詳しい解説を載せております(表札タイプ)。
焼き杉を作ろう 〜道具・材料〜
焼き杉を作ろう 〜杉板を焼く!〜
焼き杉を作ろう 〜焼き板を磨く!〜
焼き杉を作ろう 〜焼き板に描く!〜

「コースター」はこちらをご覧ください。
焼き杉(コースター)を製作します!


押し花パウチ

めやすの時間

1〜2時間程度

めやすの人数

制限なし

内容

事前に植物を採集します。
採集した植物を圧縮機にかけて薄くします。
台紙に挟み、パウチをして完成です。

持参物

□新聞紙 □カラーペン(必要に応じて) □ヒモまたはリボン(必要に応じて)
□植物(自然の家周辺で採取できます。)

注意

・必要な物品は貸出できます。
・パウチフィルムと台紙は売店で購入できます。
・厚みがあるとパウチできません。しっかり薄くしてください。
・植物を採集するので、むやみに採らないようにしましょう。


七宝焼

めやすの時間

3時間程度

めやすの人数

40人まで
推奨年齢:小学校高学年以上

内容

ガラスの粉を銅板に乗せ、窯で焼きます。
焼いた作品は自分だけのオリジナル。
ブローチやキーホルダーなどができます。

持参物

□新聞紙 

注意

・必要な物品は貸出できます。
・七宝焼の材料は売店で購入してください。
・焼く窯が非常に熱くなります。火傷に注意してください。
・ガラスの粉を使いますので、目に入らないよう注意してください。

七宝焼の詳しい資料は資料室にあります。